看護師

ストレスを溜め込まない方法|自律神経失調にならないために

体の機能を保つための対策

男性

睡眠の質がもたらす影響

生体リズムを整える工夫次第で、自律神経失調の防御にも繋げることができます。生体リズムが乱れると、入眠や起床するなどの睡眠や覚醒のリズム障害を引き起こし、社会生活にも支障をきたしやすく、睡眠障害は自律神経失調の初期症状にも当てはまります。病院でも問題視されている生活習慣病も発症しやすくなるため、早寝・早起きの良質な睡眠は自律神経失調の防御法となります。そのためには朝の光を浴びることからリズムを整え、快眠に繋がるための生活の質を高めることがポイントです。昼間は交感神経が優位であり、この時にストレスを発散できる運動や趣味を楽しみ、充実感や達成感が生まれることも利点の1つです。副交感神経は夜に優位になるため、昼間の心と体の緊張をほぐす目的で入浴やマッサージなどを行うことがポイントです。この結果、自律神経のバランスも整って快眠に繋がり、生体リズムが自然と元に戻るケースが挙げられています。

ストレスからの依存

ストレスが蓄積されるとタバコやアルコールで解消させる場合がありますが、ストレス耐性は逆に弱いために自律神経失調を抱えやすくなり、不快症状を促進させてしまいます。依存性から専門外来を受診する結果に繋がってしまいやすく、注意する必要があります。タバコは自律神経の働きとなる呼吸器系や循環器系に悪影響ですが、さらに注意したいのはアルコールとの関係性で、タバコとの組み合わせはドーパミンも分泌されやすく、常習化することでストレス解消よりも依存症へと発展してしまう難点が挙げられています。副交感神経の働きには心拍数や呼吸、血圧の安定に繋がっているため、五感を使って脳に心地よい刺激を与えることでストレスを受け流すなど、解放へと結びつけられます。

橋本病の特徴

病院

甲状腺ホルモンが不足すると疲れやすく、太り気味になり、体が冷えるなどの症状が出ます。また無気力や便秘の原因にもなります。橋本病は甲状腺ホルモンが不足する病気で、女性に多いのが特徴です。治療には薬でホルモンを補充します。

詳細を読む

原因不明の大腸の炎症です

女性

潰瘍性大腸炎は原因不明の難病で、国の特定疾患に指定されています。大腸の炎症や潰瘍により、頻回な下痢や血便、腹痛などの不快な症状があらわれます。完治は望めませんが薬の内服や食生活の改善などにより、炎症を抑えて症状を落ち着かせることができます。医師や管理栄養士の指示のもと、治療をしていきましょう。

詳細を読む

安心して通えるクリニック

病院

リスクが少ないガン治療である免疫療法を行っているのが、池袋クリニックです。NK細胞を使用した治療法では、患者から採取したNK細胞を強力にしてガン細胞を殺傷してもらい、体全体の免疫力を高めることができます。

詳細を読む